おあがりて日記

2017/06/02

透き通った極上の水

「おあがりて」の水田の横には、山頂からの恵みの綺麗な水が流れてきています。その流れ込んできている写真が上記になるのですが、流れてくる水の量が多いという理由もありますが、「ザーザー」という大きな音と共に流れてきます。流れてきた水は、水田の真横まで流れ、水量と水圧を調整し、水田へと流し込みます。水の調整はデリケートな部分でもあり、水路を空けて水を入れて1時間はしっかりと見張り満水にならないよう調整します。この時期から夏にかけて、太陽の熱で水田が干上がるので毎週の水量のチェックは必須となります。